• 観光情報
  • 旅行会社向け
  • 修学旅行・教育旅行
  • 文字サイズ・色合い変更
  • はじめての広島
  • まだまだ広島
  • 観光スポット
  • イベントカレンダー
  • モデルコース
  • 宿泊(予約)
  • アクセス

詳細検索

私の計画を作って伝える 私の広島旅プラン プランを作成する

ここから本文です。

ホーム > はじめての広島 > 広島の味 > 広島名物お好み焼

更新日:2014年4月1日

広島名物お好み焼

県民のソウルフードお好み焼
鉄板の上で繰り広げられるパフォーマンスも必見

広島県民イチオシの味といえば、やっぱりお好み焼。薄い生地と山盛りになった野菜や肉を、熟練のヘラさばきで手際よく焼いてゆく様は圧巻。ランチとしてはもちろん、ビールのお供にも最高の本場の味をぜひ一度は味わってみよう。

広島県民のソウルフードお好み焼

懐かしくて新しい味のルーツ

戦前に子供たちがおやつとして食べていた「一銭洋食」を原形とし、戦後の食糧難の時代にわずかな小麦粉と野菜で作れるメニューとして広島県民の胃袋を満たしていたお好み焼。その後、経済成長と共に肉や卵、その他お好みの具材をトッピングして食べられるようになってきたお好み焼は、今では十人十色のトッピングで楽しむ県民イチオシの味となっています。県内に2,000軒はあるといわれるお好み焼店には、それぞれに工夫を凝らしたオリジナルのメニューも多数。一軒とは言わず、広島滞在中に数軒を訪ねてお気に入りのお店を見つけてみてはいかがでしょう。


子供のおやつとして食べられていた「一銭洋食」


お好み焼きテーマパーク「駅前ひろば」


ココならお好み焼のハシゴもOK「お好み村」

迷ったら「肉玉そば」でOK

初めてお好み焼店を訪ねると、そのトッピングの豊富さに戸惑うことも少なくないはず。その名の通り、自分好みのトッピングで楽しむのが基本ですが、迷ったらベーシックな「肉玉そば」から挑戦するのがおすすめ。さらに旨味を増すならイカ天、お腹いっぱいになりたいならお餅、コクが欲しいならチーズが定番のトッピング。冬場ならもうひとつの広島の味かきがトッピングに登場するので、一度で二つの名物を楽しむことができます。熱々のお好み焼を鉄板の上でヘラを使って食べるのが地元流ですが、頼めばお皿と箸も用意してもらえるので無理せずいただきましょう。


豊富なトッピングメニュー


基本の「肉玉そば」


地元の人はこのヘラを器用に操って食べる

もっと知りたい「ご当地お好み焼」

戦前からの歴史の中で様々に変化を遂げてきたお好み焼は、今もなお進化を続けています。豚バラ肉の代わりにミンチ肉を使った「府中焼き」や、砂ズリの歯ごたえがクセになる「尾道焼」、名物の細切りうどんを入れて半月型に折る「呉焼き」。酒粕や日本酒を生地に練り込んだ「たけはら焼」や、特産のお米を麺の代わりに使いポン酢でいただく「庄原焼き」等、進化形のお好み焼が次々に誕生しています。広島県内各地を巡りながら、ご当地お好み焼を味わうのも新しい楽しみ方かも。


ミンチ肉でジューシーに焼き上げる「府中焼き


コリコリッとした砂ズリの歯ごたえがたまらない「尾道焼」


特徴的な形とうどんのふわっと感がやさしい「呉焼き」

ご当地お好み焼マップ

広島の味に戻る